忍者ブログ

調べるお編集後記

調べるお編集部による編集後記やブログに書ききれなかった事などを。編集部と言っても一人ですけどね。

匿名画像共有アプリ『Pictory』を実際に見てみてら「BOYS BE…」を思い出した件



匿名画像共有アプリ『Pictory』が月間200万PVになったよーというプレスリリースを朝見つけてツイートしたんだけど、最初は「メルカリ進太郎さん、ツイキャス赤松さん、インキュベイトファンドが出資してるのかー」くらいしか思わなかった。でも実際ダウンロードして見てみたら、なかなか興味深いアプリだった。



投稿されている画像にはメッセージが入っている。メッセージを入れた画像を投稿するサービスって言うのが正しいかも。メッセージは注釈的なものや、セリフっぽいものが多いが、ポエム、心の叫びみたいなのもかなり多い。特に恋愛カテゴリの画像にそえられているメッセージはポエムか心の叫び。もう僕はおじさんなのだが、投稿されている若者の叫びを読んでいて一瞬思春期を想い出しましたよ。『BOYS BE…』を読んだ後のような気分になりました。

こういう思春期ならではの感情と共感ってのはいつの時代も存在する。おじさんは『BOYS BE…』を思い出しましたが、若いコはきっと西野カナを思い出すかもしれません。『Pictory』を震えながら見ている人も少なくないでしょう。

一方でU-NOTE小出さんが興味深いツイートをしてました。

なるほど『前略』的な感じもするのですかね。西野カナとBOYS BEの間の世代でしょうか。『前略』に関してはちょっと発言を控えますが、00年代後半に中高生を中心に一世を風靡したプロフサービス(詳しくはねとぽよさんの記事をご覧ください。かなり詳細な解説があります)。たしかに『前略』の質感にも通ずるとこがあるかもしれません。


そんなわけで、『Pictory』には今後も注目していきたいところです。