忍者ブログ

調べるお編集後記

調べるお編集部による編集後記やブログに書ききれなかった事などを。編集部と言っても一人ですけどね。

「キングダム」を42巻まで一気に読んでみた

中学生の時に横山光輝の「三国志」を読み、それ以来「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」など横山光輝の中国歴史シリーズは一通り読んだわけですが、スタートアップ界隈では「蒼天航路」が人気。やはり起業家は曹操に惹かれるようです。そして最近では「キングダム」が起業家に人気とのこと。「キングダム」に関しては起業家だけでなく多くの人にも人気のようですが、僕は読んだことが無かったので先日購入して読み始めました。



「キングダム」はご存知の通り秦の始皇帝の話。前述の「項羽と劉邦」の直前の話ですね。史実をある程度知っているので「こんなに素晴らしい政(後の始皇帝)が晩節は猜疑心の塊になってしまうのか…」とクヨクヨしたりするんですが、たぶん「キングダム」ではそうはならない、もしくはその前で終わるかもしれません。歴史というのは次の王朝が自らを正当化するために前王朝をボロクソの評価をするのが常。暴君として後世語られることが多い始皇帝ですが、彼の偉業を考えると、欠点もあったかもしれないけどやはり不世出の英雄であることは間違いない。

「キングダム」を読んでいると時に胸が熱くなるような場面がある。ネタバレになるからアレだけど、個人的には蕞城で政が民衆を奮い立たせる場面。あれが一番グッときた。全編に渡って政や信、王騎などのリーダーシップが「キングダム」の見所であり、起業家に支持されるとこかもしれない。ちなみにこんな本も(買いました)。


『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ


早く43巻出ないかなぁ。