忍者ブログ

調べるお編集後記

調べるお編集部による編集後記やブログに書ききれなかった事などを。編集部と言っても一人ですけどね。

大きな規模でピボットを続けるクルーズの思い出など

2006年か7年くらいの話。「携帯検索エンジンを忍者ツールズに導入しませんか?」と営業があった。若い営業マンが持ってきた会社パンフレットの表紙には腕組みするイカツイ男性数人と海賊船が写っていた。「なんというオラオラな会社案内だろうか…」と呆気にとられた。きっと会社の雰囲気もオラオラなんだろうな、だって社長の眼光鋭過ぎるし…と思った。その会社の名前はウェブドゥジャパン。携帯検索エンジン『CROOZ!』を提供する会社だ。

イカツイ男達
(ネットの海からかろうじて引き上げられた海賊の宝)

結局僕たちはこの海賊達と手を組まず、中国からやってきた海賊、いや検索エンジン『YICHA』を設置することになり、ウェブドゥジャパンとはそれ以来疎遠になった。

ウェブドゥジャパンはその後、売上比率の高かった人材事業をMBOで切り離し、広告代理事業も撤退していく。事業の中心はモバイル公式コンテンツなどの事業に移り変わり、そしてソーシャルゲームの大波に乗り業績を拡大していく。しかし当たり外れの大きいゲーム事業をついに区切りをつけ、コマース事業に経営資源を集中させる決断を下したのが昨日。

CROOZがゲーム事業を譲渡し「SHOPLIST」に経営資源を集中するという大胆戦略を発表!
CROOZ

上記記事を書きながら先に書いた思い出が浮かんできた。

クルーズが今後軸に据えるコマース事業の中心サービスは『SHOPLIST』だ。2005年にリリースした『CROOZ blog』は女子中高生に大人気となった。そしてモバイルコマースのサービスをいくつか展開しながらノウハウを貯め、2012年に『SHOPLIST』を本格スタートさせる。順調に売上を伸ばしていき、2015年度には約100億円に達する。ゲームと違って利益率が高いビジネスではないけど、堅実ではあるし、もっと伸びる余地が確実にある。そこで思い切った今回の選択に繋がったのかと。

ちょっと前から『CROOZ blog』に掲載されている広告は『SHOPLIST』のみになり、そこから送客は結構大きいのかもしれない。女性向けメディアからの送客が上手くいってるという流れから、女性向けファッションキュレーションサイト『MARBLE』の買収という流れかもしれない。

クルーズのピボット力というのは昨今のスタートアップにとっても参考になるのではないかと思う。サイバーエージェントも主力事業を変えながら成長を続けているが、サイバーは創業以来、広告代理事業という柱がずっとある。GMOはサーバーなどのインフラがあるし、主力事業は変わっていても創業以来地道に業績を支えている事業というのは存在している。しかしクルーズはもっと大胆にピボットをしている。スタートアップが日常的に行っている「ピボット」をもっと大きな規模でやっているのがクルーズという印象。

ところでクルーズ小渕さんと言えば業界きってのイケメンでおなじみですが、最近はアドウェイズ岡村さんとのエピソードが話題に上がる。

【第4回】アドウェイズ岡村のテンションはMAX! ”命の恩人”クルーズ小渕社長を熱く語る!
岡村:そう、忘れもしません。2007年です。会社の業績が急激に悪化して多くの新規事業からの撤退を余儀なくされた時です。あの時、上場前後に個人的に銀行から8億円借金してたんですが、経営状態を危ないとみた銀行から「すぐに業績が回復できなければ株を売るぞ」と迫られ、本当に追い込まれていました。正直もうダメかと思った時もありました。 そんな時、小渕さんに相談に行ったんですね。そうしたら、小渕さんは「俺のマンション担保にして金借りよう」って即答ですよ。それだけじゃなく、色んな人に電話して資金を貸してくれる方を探してくれたんです。

しかも、後から話を聞くと、当時クルーズも決して順風満帆だったわけではなくて、小渕さん自身も苦しんでいる中で僕のために動いてくれたんです。そんな男がどこにいるのか?って思いますよ。

このエピソードはなかなか熱いですよね。

「キングダム」を42巻まで一気に読んでみた

中学生の時に横山光輝の「三国志」を読み、それ以来「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」など横山光輝の中国歴史シリーズは一通り読んだわけですが、スタートアップ界隈では「蒼天航路」が人気。やはり起業家は曹操に惹かれるようです。そして最近では「キングダム」が起業家に人気とのこと。「キングダム」に関しては起業家だけでなく多くの人にも人気のようですが、僕は読んだことが無かったので先日購入して読み始めました。



「キングダム」はご存知の通り秦の始皇帝の話。前述の「項羽と劉邦」の直前の話ですね。史実をある程度知っているので「こんなに素晴らしい政(後の始皇帝)が晩節は猜疑心の塊になってしまうのか…」とクヨクヨしたりするんですが、たぶん「キングダム」ではそうはならない、もしくはその前で終わるかもしれません。歴史というのは次の王朝が自らを正当化するために前王朝をボロクソの評価をするのが常。暴君として後世語られることが多い始皇帝ですが、彼の偉業を考えると、欠点もあったかもしれないけどやはり不世出の英雄であることは間違いない。

「キングダム」を読んでいると時に胸が熱くなるような場面がある。ネタバレになるからアレだけど、個人的には蕞城で政が民衆を奮い立たせる場面。あれが一番グッときた。全編に渡って政や信、王騎などのリーダーシップが「キングダム」の見所であり、起業家に支持されるとこかもしれない。ちなみにこんな本も(買いました)。


『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ


早く43巻出ないかなぁ。

「あなた流『ブログを続けるコツ』を教えて下さい」に今さら回答してみた #blogcontinue

TLにこんなツイートが流れてきた。

4年くらい前に「あなた流『ブログを続けるコツ』を教えて下さい #blogcontinue」という記事が公開され、それに呼応したブロガーが各自のコツを披露してるっていう感じ。僕はブログをたくさんやっているのでそれぞれコツは微妙に違ったりするんだけど、とりあえず「調べるお」の管理者として回答してみました。


あなた流『ブログを続けるコツ』を教えて下さい #blogcontinue
インターネット界隈の事を調べるお

1.ブログのテーマ
インターネット界隈の事
2.開始時期
2012年1月(4年4ヶ月経過)
3.更新頻度
月に8記事前後
4.連続更新記録
3日くらいじゃないっすかね
5.ブログを書く時に使ってるデバイスとツール
パソコン(5年前のMBA)、シンプルテキストに書いてから公開(忍者ブログ)
6.ネタの見つけ方
歩いてる時とかTwitter見てて「あぁこれ調べてみよう」と思ったものを書いてる
7.参考にしているブログ
特になし(基本的に他の人のブログは読んでない)
8.いつブログを書いているか
書きたくなった時で他の作業が一段落してる時
9.記事をアップするまでの流れ
気になったことをひたすら検索し、検索しながら図のイメージを作っていき、検索しながら図を作り始め、図が完成したらテキストをシンプルテキストに書いて、最後に取ってつけた感じでタイトルを考える。
10.効率的にブログを書くための工夫
なんだろう、特にない。
11.忙しい時の奥の手、裏技
書かない
12.モチベーションを維持するための工夫
書きたい時だけ書く(書きたくない時は書かない)
13.いまブログを書く上でボトルネックになっていること
同ジャンルのブログが増え、他ブログの更新頻度が高いので、ネタが被らないように気をつけないといけないことかな。
14.私が考えるブログを続けるコツ
毎日一つ書こうとしない。書きたいときは何記事も書いてもいいし、書きたくない時は書かない。
15.新しくブログを始める人にアドバイスしたいこと
とりあえずやってみればいいんじゃないっすかね。