忍者ブログ

ネット界隈で思った事や妄想

根拠のない、曖昧なことは「妄想」って事でいいんじゃないかと。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「キングダム」を42巻まで一気に読んでみた

中学生の時に横山光輝の「三国志」を読み、それ以来「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」など横山光輝の中国歴史シリーズは一通り読んだわけですが、スタートアップ界隈では「蒼天航路」が人気。やはり起業家は曹操に惹かれるようです。そして最近では「キングダム」が起業家に人気とのこと。「キングダム」に関しては起業家だけでなく多くの人にも人気のようですが、僕は読んだことが無かったので先日購入して読み始めました。



「キングダム」はご存知の通り秦の始皇帝の話。前述の「項羽と劉邦」の直前の話ですね。史実をある程度知っているので「こんなに素晴らしい政(後の始皇帝)が晩節は猜疑心の塊になってしまうのか…」とクヨクヨしたりするんですが、たぶん「キングダム」ではそうはならない、もしくはその前で終わるかもしれません。歴史というのは次の王朝が自らを正当化するために前王朝をボロクソの評価をするのが常。暴君として後世語られることが多い始皇帝ですが、彼の偉業を考えると、欠点もあったかもしれないけどやはり不世出の英雄であることは間違いない。

「キングダム」を読んでいると時に胸が熱くなるような場面がある。ネタバレになるからアレだけど、個人的には蕞城で政が民衆を奮い立たせる場面。あれが一番グッときた。全編に渡って政や信、王騎などのリーダーシップが「キングダム」の見所であり、起業家に支持されるとこかもしれない。ちなみにこんな本も(買いました)。


『キングダム』で学ぶ乱世のリーダーシップ


早く43巻出ないかなぁ。

「あなた流『ブログを続けるコツ』を教えて下さい」に今さら回答してみた #blogcontinue

TLにこんなツイートが流れてきた。

4年くらい前に「あなた流『ブログを続けるコツ』を教えて下さい #blogcontinue」という記事が公開され、それに呼応したブロガーが各自のコツを披露してるっていう感じ。僕はブログをたくさんやっているのでそれぞれコツは微妙に違ったりするんだけど、とりあえず「調べるお」の管理者として回答してみました。


あなた流『ブログを続けるコツ』を教えて下さい #blogcontinue
インターネット界隈の事を調べるお

1.ブログのテーマ
インターネット界隈の事
2.開始時期
2012年1月(4年4ヶ月経過)
3.更新頻度
月に8記事前後
4.連続更新記録
3日くらいじゃないっすかね
5.ブログを書く時に使ってるデバイスとツール
パソコン(5年前のMBA)、シンプルテキストに書いてから公開(忍者ブログ)
6.ネタの見つけ方
歩いてる時とかTwitter見てて「あぁこれ調べてみよう」と思ったものを書いてる
7.参考にしているブログ
特になし(基本的に他の人のブログは読んでない)
8.いつブログを書いているか
書きたくなった時で他の作業が一段落してる時
9.記事をアップするまでの流れ
気になったことをひたすら検索し、検索しながら図のイメージを作っていき、検索しながら図を作り始め、図が完成したらテキストをシンプルテキストに書いて、最後に取ってつけた感じでタイトルを考える。
10.効率的にブログを書くための工夫
なんだろう、特にない。
11.忙しい時の奥の手、裏技
書かない
12.モチベーションを維持するための工夫
書きたい時だけ書く(書きたくない時は書かない)
13.いまブログを書く上でボトルネックになっていること
同ジャンルのブログが増え、他ブログの更新頻度が高いので、ネタが被らないように気をつけないといけないことかな。
14.私が考えるブログを続けるコツ
毎日一つ書こうとしない。書きたいときは何記事も書いてもいいし、書きたくない時は書かない。
15.新しくブログを始める人にアドバイスしたいこと
とりあえずやってみればいいんじゃないっすかね。

スカイランド木下さんにはトリプルスリーを狙ってもらいたい

40歳を迎えたり、その他いろんな出来事から今年は人生を考える機会が多い気がする。GWもそんなことを考えながらザリガニを釣ったり、カラオケに行ったりしてたわけですが、一方スカイランドの木下さんは毎日スタートアップ系のイベントを開催していました。

イベントの事が流れるTLを見ながら「登壇者は輪郭がハッキリしてるなぁ」と思ったんです。例えばダシイレさんは「BtoB」「a16z」というような感じで輪郭がハッキリしてる。登壇オファーも出しやすいし、閲覧者も得たい情報を得られる。僕は輪郭が曖昧。


こういうことが今後の人生に影響していきそうなので早速輪郭をハッキリさせていきたいのですが、なかなか難しい。まずは自分のことをもっと整理しないと輪郭は浮き上がってこない。

そんな中、小林りんさんの本を読んだのですが、りんさんは真っすぐに自分の善いと思ったことに向かって突き進んでいるんですよ。自分が善いと思う世界を築くために真っすぐ。圧倒的な行動力で。なんかそれを読んでて「スカイランドの木下さんも同じかもしれないな」って思ったんです。

きのぴー
(手元にあった唯一の木下さんの写真。去年撮影。ゴリラ風。)

木下さんは「日本に起業家を増やすことは善いことだ」と考え、そのためになりそうなことを持ち前の行動力で実行していく。「GWに10夜連続でスタートアップイベントやったら界隈が盛り上がるし、刺激になるから起業家が増えるはず。そうしたらきっと良い世界になる!」と思っただろうし、「クラウドファンディングで起業家を増やすのは良さそう!」と思い立って数日でイベントを開催したり。そこには全く政治的要素は無い。その信じる姿は無条件に凄いと思う。行動を続ける先に大きな何かを得そうな期待を抱かせる人物だと思う。「こういう人が大きなことを実現するのかもしれないな」とよく思うし、スカイランドスタッフの人にもよく言ってる。「もう少しこうやった方がいいのになぁ」というとこは多い。でもそれでいいのかもしれない。



ところで昨年トリプルスリーを達成したソフトバンクの柳田。今シーズンは相手投手から徹底マークされて苦しんでいますが、その能力は疑いようも無く、いずれ成績も上がってくるでしょう。そんな柳田選手の入団前後のエピソードがこちら。

プロ野球ドラフト会議にて福岡ソフトバンクホークスから2位指名を受けた。2位指名は数名の候補の中から秋山翔吾を指名する方向で固まっていたが、会長の王貞治が「待て、(指名候補の中で)誰が一番飛ばすんだ?」と訊くと、スカウトらが「柳田です」と即答し、寸前のところで指名が切り替えられた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%94%B0%E6%82%A0%E5%B2%90

入団した当初はまだ荒削り。でも、常にフルスイングする柳田の打撃に惚れた王会長が"アイツの打撃をいじるな"と言ったそうです。今や三振でもスタンドが沸く、金の取れるバッター。ヘルメットを飛ばす姿なんか、長嶋さんを彷彿とさせますよ
http://www.excite.co.jp/News/sports_g/20150716/Taishu_16355.html

木下さんもこんな選手(VC)になっていくかもしれません。そして王さんにあたるのは太河さんかもしれないなぁと。
(完)