忍者ブログ

調べるお編集後記

調べるお編集部による編集後記やブログに書ききれなかった事などを。編集部と言っても一人ですけどね。

「成長無くして覚醒無し」かなって思ったよ



VENTURE UNITED丸山さんが非常にためになるエントリーをあげていました。

「起業家に必要なのは成長じゃなくて覚醒なんだと思う」No Guts, No Growth.

だらーっとした右肩上がりの業績よりも、どこかでドーーンと急カーブを描いたり、一旦ドーーンと赤転してもその直後にドドドーーーンと爆発的黒転するような会社になってほしい的な内容となっており、僕も基本的に同意だなと思ったわけです。

これは資金調達をしてる企業は確実にそうであって欲しいなと思うわけで、全ての会社がこれを目指す必要はないのかなと思ったりもしてます。会社運営のポリシーは人それぞれですから。でも資金を調達したからにはドドドーーーンといくぞ!という気概が必要だと思っています。ランニングコストを出資している投資家はいないと思います。資金を使ってドドドーーーンと成長するための原資として出資していると思うし、出資される側もそうであって欲しいなと。ここは個人的な見解ですけどね。

さて話が少しズレてしまいましたが、丸山さんのエントリーで特に重要だと思う箇所があります。その部分を全部引用します。
苦境やどん底の中でも戦うことをやめずに、戦い抜く中で眠れる能力が覚醒していったからこそスーパーサイヤ人になれるわけで、そういう状況をどれだけ乗り越えられたか、そして、その過程で過去の自分という殻を脱ぎ捨てて、一段上のステージにいけたかどうかみたいなことが起業家にはとっても重要なことなんじゃないかって思うわけです。

これって起業家に限らずビジネスパーソン全体に言えることで、いい仕事したいって思ったらいまの自分の殻を脱ぎ捨てて次のステージにいかないといけないんですよ。眠れる能力を覚醒させないと。

ここ重要。実はこのエントリーのタイトル自体には多少違和感があったんですよ。「起業家に必要なのは成長じゃなくて覚醒なんだと思う」というタイトルですが、成長or覚醒のように取ってしまう人もいるかと。勿論言いたい事はわかりますが、「きっと俺もいつか覚醒するから」と成長を止めてしまう人が出てきそうな気が。それは違くて、「成長無くして覚醒無し」だと思うんです。成長するためには経験が必要で、成長した後には進化がある。その中で飛躍的に伸びるポイントがあり、それを「覚醒」と言うのかなと。

あ、あともう一個気をつけたいのが、起業家の成長が必ずしも業績とリンクするわけではないというのもあるなと。業績が落ち込んだ時に起業家が成長してないかというとそうではない。

成長、進化の過程で覚醒するのが一般的ですが、「覚悟を決めた」瞬間に覚醒するというケースもあるなと。まぁとにかく自分も含めて経験値を上げ続けてレベル上げていきたいものですね。いきなりラスボスは倒せない。


というわけで朝から意識高いエントリーを読んだので、意識高いエントリーを書いてしまいましたが、言いたいのは、僕も丸山さんとスイーツを食べたい!ということです。おわり。

※丸山さんのブログNo Guts, No Growth.のFacebookページもありますのでぜひ。