忍者ブログ

調べるお編集後記

調べるお編集部による編集後記やブログに書ききれなかった事などを。編集部と言っても一人ですけどね。

GWなのでオフィスにあったホリエモンの「ゼロ」を読んでみたよ!

East Venturesのオフィスにはオモシロそうな本が置いてあるので、そのうちの一冊、ホリエモンの『ゼロ』を借りてきて読んでみました。※metapsのSPIKEで売られてた!

ホリエさんはこないだニコ生の撮影をしてるとこをチラっとお見かけした程度だけど、当然昔から存知上げており、前職時代にMAの話がチラッとあったり、ライブドアの子会社が代理店をやってくれたりしてた。2005年くらいに「ライブドアがバファローズ買うなら、ウチも大きくなってサムライジャイアンツを作ろうぜ!」みたいな会話があったのを懐かしく思い出したりw

『ゼロ』は2時間くらいでざっと読めるし、そのあとポイントを再度読み直して今後の糧にしたりできるのでおすすめかも。内容は概ね同意で、自分自身のこれからの生き方を考えさせてくれる内容だった。内容を書いてしまうとネタバレになってしまうので、5つばかり興味深いポイントをあげて感想を書かせてもらいました。あくまで僕の感想なので、興味持った人は実際に読んで自分なりの感想を考えてみるといいと思います。それでは。


1.自分がゼロに近い状態の時に改めて本当の価値を知る。

塀の中での若い看守からのさりげない優しさ、元社員からの応援色紙。これは彼が限りなく弱い存在「ゼロ」に近い状態で受けた行為。弱い人には頼らないし、打算的な価値を求めてこない。本当に自分が持つ価値を表しているんだと思う。これまで関わってきた人のほんの数%かもしれないけど、そういう人がいた事を確認できたってのはこの上なく嬉しいことだと思う。

僕も過去に何度か似たような経験がある。

今でも鮮明に覚えているのが、大学を経済的理由で辞めなければいけない時。いつものように僕の部屋には高校時代からの友人数人がたむろしていた。今度自分達が主催のインカレイベント(まぁ平たく言うと飲み会)の打ち合わせをしてた記憶が。その日の昼、父親から「会社が倒産した」と聞き、学費が払えない事を知った。正直インカレの事など考えられなかった。黙っていようかと思ったけど、どうにもならず友達に「大学を辞める事になる」と打ち明けた。「マジかよ・・・」と重い空気になった。次の瞬間「じゃあ俺が○○万用意するよ」と一人が言い出した。つられるように他の友人も「俺は○○万くらいしか用意できないけど、親に相談してみる」など次々と援助の声が上がった。嬉しかったけど僕は全てを断って結局中退した。でもその時の友人の好意は今でも深く心に刻まれている。見返りの無い行動を受けるためには、日頃から誠実でいなければならないと強く思ったのはその時かもしれない。

彼も世間的にはいろいろと批判もされ、実際に嫌いだと思っている人も多いと思う。その中には誤解のままそういう認識になっている人も多いだろう。しかし、どうしようもなく弱い立場になった時や、現在など様々な嬉しい行動を受けている。これは一部の本当に彼を理解している人に信用されているからだろう。世の中全ての人に自分を理解してもらうのは難しい。自分に近しい人が信用して見返りのない行動をしてくれるので良い気がする。あとは1個ずつその範囲を広げていくだけ。0から1に、そして2、3と。


2.目の前に流れてきた小さなチャンスに乗るかどうかで決まる。小さな成功体験や経験が自信につながる。

これはそう。僕がウダウダとしてた時を思い返すとチャンスに対して乗らなかった。「どうせ自分には・・・」と決めつけて行動しなかった。まずはやってみないことには出来るかどうかわからない。流れてくるチャンスがおもしろそうなら乗ってみて、その後考えればいいのかなと。「やっぱ違うわ」と思ったら降りて、次のチャンスに乗ればいいだけ。あんまり考えすぎると行動できない。場数をこなすと何回かに一回くらいは成功し、それを積み重ねていけば自信も出てくる。


3.どんな仕事も能動的に取り組めば楽しいものになる。

これはマネジメントの人が必ず言う。僕も言ってた。でもなかなか伝えられないんですよね。それができるかできないかで、将来が結構変わると思う。仕事だけじゃなくて生活全般に言える。


4.仕事の質は集中力×時間。

最初は集中力の質も悪く、結果仕事の質も悪くなる。だから時間をこなす。そうすると睡眠時間や余暇が減り、集中力が無くなる・・・という負のスパイラルに陥りがち。やっていくうちに集中力の質を高くしていけば仕事の質も上がる。どうしたら集中力の質を高く保持できるかを考えて生活するといいかもなって思ってます。


5.物事を出来ない理由から考えるのか、出来る理由から考えるのか。

これはこないだツイートしてのと似た感じでビックリ。----
そんなわけで今年初読書。GWにもう一冊読もうと思ったけどタイムリミット。電車の中とかで読もうかな。