忍者ブログ

調べるお編集後記

調べるお編集部による編集後記やブログに書ききれなかった事などを。編集部と言っても一人ですけどね。

ユナイテッドの社内スタートアップ支援制度はおもしろい

モーションビートとスパイアが合併できたユナイテッドから「新会社設立」のお知らせが出てました。

子会社の設立に関するお知らせ

スマホメディアの会社らしいのですが、具体的にはまだよくわからない。社内スタートアップ制度の適用第一号案件らしいので、ユナイテッドとしても今後の成功例になってほしいとこじゃないですかね。

新会社の社名はフォッグ株式会社、ユナイテッドの事業部長だった関根氏が代表に。面白いのが資本関係。ユナイテッドが66%、関根氏が34%と。あんまり見ないスタイルな気がします。個人的には嫌いでない試み。新会社の代表の決意表明にも思えるし、もし将来子会社を外れて独立なんて場合も代表者にある程度経済的なメリットも残るだろうし。

で、この社内スタートアップ支援制度は『U-Start』というらしく、概要は以下の通り。


当社の一定以上のマネジメント層を対象とし、事業運営において成果を挙げた者、または新規事業の企画立案・事業化において実績があると認められる者に対し、大きな挑戦の機会と裁量を与える。

1.対象者と内容
・一定の応募条件を満たした者(対象者)に対し、対象者の立てた事業企画に基づいて新会社を設立し、かつ当該子会社の代表者となる権利を与える。
・さらに特別な条件を満たした対象者には、当該新会社の設立時に、対象者が一部出資することができる。

2.事業企画の条件
・新規性、事業性、将来性のある事業(既存事業の切り出しは含まない)
・当社の注力事業領域(スマートフォンメディア事業、RTB 広告事業)に関連する事業

3.新会社の形態
・当社が議決権の過半数を保有する連結子会社とする。

今回の代表者における出資は「特別な条件」を満たしたってことですね。何ですかね、特別な条件って。新代表が340万のキャッシュを持っていないといけないわけで、そういう部分も条件ではありますね。

こういった取り組みはこれからいろんな会社で行っていきそうな気がします。