忍者ブログ

調べるお編集後記

調べるお編集部による編集後記やブログに書ききれなかった事などを。編集部と言っても一人ですけどね。

サイプロ氏に初めて会ってから9ヶ月が経ちました

僕のイメージだと「デコメール死亡 「LINEの登場」を予測できなかったプロデューサーのお話」で知名度が上がったと思うのですが、そのエントリーの二ヶ月前に初めてサイプロ氏にお会いしました。その時にサイプロ氏が書いてくれたエントリーがこちら。

タカノリブログのタカノリさんに会ってきた

「いいね:0 ツイート:4」というさみしい結果に責任を感じたものです・・・。僕も「タカノリブログの」という説明がついています。今だったら「調べるおの」と説明されるでしょう。時の流れを感じます。

最近のサイプロ氏の活躍は今更説明するまでもありませんが、まぁ一般的には「ソシャゲに詳しいリア充」というイメージでしょう。直近では複数の女性との仲睦まじいLINEのやり取りなど、より一層「リア充」のイメージが定着してしまったのではないでしょうか。あのエントリーを見て、僕は「この世代の女子には夢展望は有名なんだな」とかしか思わなかったのですが、やっぱり「リア充」と言われればそうかもしれない。

でも、あんな若い女性達とコマメに連絡取ってるって凄くないですか。彼がリア充たる所以は「マメさ」からきてると思うんです。もちろん外見等は多少チャラチャラした印象もありますが、それよりもマメなとこが女性にモテる秘訣なんだと思われるのです。

最初に食事をして以来、何度かサイプロ氏と食事をしましたが、全てサイプロ氏が店の予約やメンバー調整などをしてくれました。食事の場では、空いたコップを片付け、飲み物をすすめ、場が円滑に進むように気を配っていました。態度も比較的謙虚ですし、もろもろ含めて出世しそうな雰囲気です。

最近のエントリーの中ではこれが好きです。

会社のために全力で新規事業を立ち上げようとしたけど失敗したプロデューサーのお話

わりとこれが現在のサイプロ氏っぽい感じ。これ以上は匿名で活動されているサイプロ氏に悪いので書きません。これ以上は野暮。


ところで、市況かぶ全力2階建さんやその他、サイプロ氏と対照的に「非リア」的な立ち位置にいる感じになってしまっている僕ですが、結構リア充です。